« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

内海 聡医師のお話

医師なのに医学不要論を提唱されている内海 聡医師。

内海医師は、姫路の学校出身なんですよ。

子育ての話を書かれているので、紹介させていただきます。
教室内で特に学生と成長しているお姉さま方と私の関係性は、

下記にある抱っこ=スキンシップの賜物かもしれません。

未就学児の子どもたちは、度々抱っこしていますね(笑)


これは、私自身のパーソナルスペースが近いこともあるようですが。

少し毒舌な先生なので(笑)さらっと読みつつ、参考になさってください♪

------------------------------------------

子育ての話も少し書きましょう♪


子どもを守りたいと思うのであれば必ず手作りで料理を作ってくだ

さい。つまり子どもが不健康になる要因の一つが「加工食品」です

。冷凍食品などを使ったり加工食品を電子レンジを温めるなどとい

うことをやっている限り、その子どもを守れるなどということはあ

りえません。加工食品は添加物たっぷりのところに、さらに残った

数少ない栄養素さえ電子レンジで破壊するものです。顕微鏡で見る

と電子レンジで温めた食品はボロボロなのです。



肉は食べたいというのが子どもの人情ですが、であるならば抗生物

質やホルモン剤を使っていないところを探す工夫も必要です。それ

が手間だというのならやはりアメリカ牛とブラジル鶏だけでも避け

、グラスフェッドビーフ(いわゆる牧草だけで育っている牛)など

を購入するようにしましょう。オージービーフやニュージーランド

ビーフでこだわりをもっているところなら、グラスフェッドビーフは比較的存在します。卵も自然飼料にこだわった方がいいですが、そういう卵はいわゆる「レモン色の卵」であることを知っておくといいでしょう。

子どもと食に対して親に頑張っていただきたいことがあります。それは給食の問題です。現在、給食というものは毒だらけの餌付けに等しいことをあなた方は理解できるでしょうか?。給食問題はほかの識者も唱えられており「給食で殺される(共著)」という著書まであります。本当に子どもを守りたいと思うなら給食の改革については、全国で是非にもやっていただきたいと思います。すでに有志は一部実行していますがまだまだ人数は少ないのです。ただでさえ牛乳利権とアメリカ利権が密接に結び付き子供の健康を害していますが、これでTPPが導入されれば低コストを理由に、給食はさらに目も当てられぬこととなるでしょう。常に犠牲になるのは子どもであるということを忘れてないでください。

いまの社会には抱き癖という言葉がありますが、これは子育ての上で最もよくない言葉の代表格です。子どもは幼少期から抱っこしなければなりません。それは肌を触れ合わせること、自分が支えてもらっていることを感じさせる重要性であり、胎内記憶にも通じるものがあります。子育てをしているときにベビーカーなんて使っている母親は、「アホ」だと思うのが一番手っ取り早いのです。

これらは研究上も示されていることがいくつかあります。肌を触れ合う時間が長い親子や民族は、トラブルが少なく攻撃的になりにくく、逆は共存的で平和な考え方を持ちやすいことがわかっています。もともと抱き癖に代表される考え方は欧米思想のなれの果てであり、その教育法が日本に入ってしまったおかげで、日本の子供の劣化がすすみ日本の家族間信頼も薄れてきたといえるでしょう。

抱っこにもコツはあると思いますが、私の個人的意見としては抱っこの仕方になぞこだわる必要はありません。それよりも抱っこするということが重要であり、抱っこできない年齢になったら今度は肩車など、思春期に至るまで触れるということが重要です。子育て四訓という有名な言葉がありますが、幼児は肌を離せ手を離すなとありますが部分的にはどうかと思います。確かに時間を少なくすることは必要ですが、自我が形成されてきて最初の記憶が形成されるこの時期は、親に抱っこしてもらったり触れてもらうことの重要性が問われています。

親自体にも好影響を及ぼしますし、長期的な家族関係にも必ず役立ちます。子供はもっと抱っこすることが大事なのです。

2014年7月27日 (日)

お手玉でトレーニング♪

こんにちは

祖母にお願いしていたお手玉の試作品が完成!
サイズなどがそれぞれに合うか?!実験



特に、未就学の子どもたちは、
お手玉の経験がないんですね

けん玉は、保育園や幼稚園でやっているようですが
お手玉は、素晴らしい玩具です
これも、意欲的取り入れて欲しいですね

トレーニングなので、通常のお手玉とはやり方が違うのですが、優れものですね

デジタル化で便利な時代になった反面、
デメリットもあります
幼い頃から手指先を使う作業や遊びが減ってしまったり、デジタルピアノでの練習で、
思うように指が動かせなかったり、筋力低下で
デジタルピアノ特有の癖のある弾き方が見られたりします

楽しくトレーニング出来る方法を考え
お手玉を使用することに



トレーニングと同時にお手玉遊びもチャレンジ

真剣かつ楽しそうでした

トレーニングをトレーニングだと感じない工夫って、何に対しても大切ですねっ

2014年7月25日 (金)

保育所へ、トライやるデー♪

夏休み特別編♪
教室の小学生2人とバンドメンバーのお二人と保育所の講師へ伺いました



0〜5歳児さんまで全員が参加!
さすがっ!
園児たちと歳の近いお姉さん2人は、人気者でした




園児たちが楽しそうに参加している姿がとても嬉しかったです。
歌も自然に歌い出して下さり、園児たちの楽しもうとする姿勢が見られ有意義でした。

2人のお姉さんは、
実りあるトライやるデーとなってくれているとさらに嬉しいです。



終始、 ベースの“おにぃさん”に絡みまくっておりましたヽ(*^ω^*)ノ(笑)

部屋の広さから音の強さやバランスなどを一緒に色々考えてくださるバンドメンバー。
これぞ、心遣いと音楽療法で学ぶ‘音’の使い方、そのものです*\(^o^)/*

2014年7月23日 (水)

明日は♪

明日は、保育所へお楽しみ会の講師。
夏休み中の開催と言うことであかね先生は、閃いてしまったー

そこで、小4・5年生の2人がアシスタントで参加♪
ザ・小学生版トライやるデー!

手遊びも、私が考えたところから2人が自主的にアレンジして考えてくれました。

いかに楽しんでもらうか?そう考える心を育てることが、大切ですね



Mちゃんが、発表会でちびっ子達が喜ぶだろうと考えて持ってきてくれたアンパンマンのぬいぐるみが明日は音楽活動のアイテムとして活躍します

連弾披露もがんばってね

2014年7月22日 (火)

夏の課外学習♪

音楽教室なのでしょうか(笑)?

夏の課外学習って…
し・か・も…音楽活動は無し

意味がわかりませんよね

これぞ、社会性の勉強です

自分の性格を理解し、
いかに楽しくみんなと過ごすか
そして、幼い子の面倒も自主的に







教室ホームページの生徒ページに詳細をアップしました

木曜日は、保育所のお楽しみ会へでかけます。


そこでは、小4・5年生の2人がアシスタントで参加
ザ・小学生版トライやるデー

手遊びも、私が考えたところから2人が自主的にアレンジして考えてくれました。

いかに楽しんでもらうか?そう考える心が、大切ですね


2014年7月21日 (月)

お詣り♪

前からお詣りは、2ヶ月に一度くらいの回数で行かせて戴くのですが。

最近どうも、足が向く
なんで?って聞かれて考えてみたら…
理由がわかりました(〃ω〃)


教室の長女さまが挑む大切な大切な試験のためです。
そして、中・高生は吹奏楽コンクールを直前に控えております。
先生に出来ることは、こんなことです


でも
長女さまは、第一関門クリアしたら、先生の集中(鬼?(笑))レッスンが始まります(≧▽≦)ゞ





2014年7月19日 (土)

笑顔が一番!

こんにちは

蒸し暑い日が続いておりますね

昨日は、小学校の終業式でしたね。
通知表の二重丸の数は、増えていましたか

レッスン中の様子を撮影していて感じるのが、
『成長』です

身体も心も大きくなって素晴らしい

なにごとも本人のやる気、自主性が大切です

やりなさいと言われてやっても、全く身につきません。
一度やると決めたら、出来る範囲での応援をしてあげてください

それぞれの決めた目標に向かって、達成出来たらまた次の目標に向かう。
壮大な目標を立てる必要は無いのです。
その積み重ねが大きな成長へ繋がります




2014年7月13日 (日)

心強く(≧▽≦)ゞ

こんばんは
本日は、グレード試験がありました。
受かりますように

様々な本番を経験することは、いいことだと思います
ピアノだけに限らず。

その経験を積み重ねて、自分の大切な時に力を発揮できるでしょう



今の間にたくさんの経験を積み重ねてください

こちらのお嬢さま
先生が読んだ絵本の最後の文章に…



こうやって表現してくれました

年少さんも少しずつ経験が増えて知識の拡がりに繋がるのですね

下の写真は、教室に本棚に並んでいるある絵本の最後。

いい言葉ですね

大切なことは、
‘あなたがあなたであること’

あかね音楽教室のみんなから愛されているあのおねぇさんが、
幼い頃からの夢であった仕事に就くために、
最後のラストスパートに励んでいます。

こう書くと、長い間通って来てくれている妹ちゃんたちはわかるでしょう。

一度もブレることのなかった夢に向かって。

彼女へ先生が出来ることは、二つ。

一つはもちろん、ピアノのレッスン。
もうひとつは、夢を叶えるために、心を鬼にして
‘カツ’と言う名のエールを送ること。

‘でっかい’心と自信たっぷりで。

努力すると必ず結果はついてくる。

これが何故、私にブレることなく言えるのか?

それは、みんなに負けないくらい先生も日々努力しているからです

2014年7月 7日 (月)

暑い中でも元気良し!

おはようございます

暑くなってきましたが、みんな週替わりで気持ちを切り替えて頑張っています

合格できる週は、元気。
合格が出来ない週は、元気が無い。
これがほぼ交代です(笑)

それでいいのです
もちろん、毎週のように合格出来る子もおりますが
、それでもいろんな壁にぶつかっています



でも、忘れ物が無いか確認してから出発するなど、
決められたお約束事はしっかり守りましょう




教本が修了しました
新しい教本に変わる時ってとても嬉しいですよね




« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »